大学生が支払い遅延を起こさないクレジットカード活用法

遅延と判断されるまでのステップ
大学生などの学生でもクレジットカードを利用することが可能で、一般的にクレジットカードの支払いは銀行口座から引き落としされる口座振替です。その為に、うっかり口座残高が不足していると引き落としされる日に残高不足で支払いができないことになります。このようなことで返済が遅れてしまうと焦ってしまうでしょうが、実はこの時点では遅延にはならないのです。遅延と判断されるまでにはクレジット会社の配慮と時間的な猶予があるので、その猶予期間内で支払いすると遅延にはなりません。遅延と判断されるまでのスケジュールは、残高不足で引き落としができなかった支払い当日から約1週間後に支払依頼書が自宅に届きます。その支払依頼書の支払い期限は1週間程度あって、その期限までに支払わないと遅延になる連絡がクレジット会社からあって、連絡から約1週間経つと遅延として信用情報に登録されます。つまり、引き落とし当日から1ヶ月弱の猶予があるのです。しかし、そのことに安心することなく支払いは定められた日に行うことが社会のルールと自覚しておくことが大事です。

遅延するとどうなってしまうのか?

クレジットカードを利用する際に、絶対厳守しなくてはならないのが返済を完璧に実施していくことで、学生だからといって甘い考えは許されません。返済を遅延するとどうなるのかを知って、そのような事態にならないよう注意することが大切です。返済を遅延すると遅延分の支払いが完了するまでクレジットカードの利用が停止される可能性があります。それによりクレジットカードで公共料金などの支払いをしている場合は、電気やガスが止められてしまう可能性もあるのです。また、遅延の回数が重ねられると強制退会や更新停止ということも考えられますし、信用情報機関に記録されるので新規発行への影響があります。それから、複数枚のクレジットカードを所持している場合には、他のカードの更新などにも影響が及ぶ可能性もあります。

延滞を起こさないために

このような支払い遅延を起こさないためには、支払い日を確認する・口座残高を確認する・支払い依頼書の期限までに支払う・支払い期限を超過したらクレジット会社に連絡するなど当たり前のことをきちんと行うことです。また、銀行のメールサービスを利用すると引き落としの予告や残高不足の連絡があるので、遅延を起こすことなくクレジットカードを活用できます。それから無計画な使いすぎで返済できなくなると遅延につながるので、計画的な使い方をすることも遅延を起こさないクレジットカードの活用法になります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です