大学生のクレジットカード審査

最低条件をクリアする必要がある
多くのクレジットカード会社が高校生を除く18歳以上の方に対してクレジットカードの申し込み・発行を可能としています。また、大学生・短大生・専門学生など学生でも申込み・発行を実施している会社も多く、学生を対象にした専用のクレジットカードを提供しています。カード発行に際しては、どのような場合であっても発行会社で定めている審査を通過する必要があって、審査を通過しないとクレジットカードは発行されません。ただ、審査以前に申し込みできる最低条件を理解して、クリアしていることが前提になることも忘れてはいけないことです。最低条件としては、高校生を除く満18歳以上の方で大学生などの学生も含まれます。ただし、未成年者に関しては親の同意書が必要で、親の承諾なしでは条件をクリアできません。もう一つの条件は電話連絡が可能な人という点で、これは本人確認のためにクレジットカード会社から電話があるためです。

クレジットカードの審査で確認されることは?

クレジットカードの審査に関しては、各会社の規定によって違いがありますが、共通して確認される審査基準というものがあります。それは信用力を判断する3つの観点で、1つ目は返済が可能な定期的な収入があるかどうかの返済能力です。2つ目は定められた返済期日にきちんと返済する意志をもっているかどうかの性格です。3つ目は負債の担保となるものがあるかどうかの資産です。

学生のクレジットカード審査は?

先の審査基準を大学生などの学生がすべてクリアすることは難しいことです。そこで学生のクレジットカード審査においては親の信用がカギになって、親の金融履歴によっては学生用クレジットカードの審査を通過できない可能性もあります。親の信用をチェックする項目としては、金融履歴・勤務先・勤務年数・家族構成・居住年数などで、これらの点で問題がなければ審査に落ちることはないです。ただ親だけの問題ではなくて申し込みする学生本人の信用度もチェックされることも忘れないことです。はじめてクレジットカードを作るので金融履歴はないし、学生なので何で信用度をチェックされるのかと不思議に思うでしょうが、携帯の使用料や機種料金などがあります。これらを遅延や滞納してきた場合には、親に問題がなくても審査が通過できない可能性もあるのです。学生のクレジットカード審査は一般のカード審査より緩いと考えられていますが、審査に落ちてしまう可能性もあることを理解しておくことが大事です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です