大学生クレジットカードとは

そもそもクレジットカードというのは?
自分の信用で支払いを実施できるカードがクレジットカードで、その時点で現金を支払う必要がないシステムです。俗に「つけ」と言われているものと同様の考え方ができる仕組みで、現金で支払う代わりにクレジットカードを提示して、後からまとめてカード会社から請求されるシステムです。クレジットカードが便利な点は、たくさんの現金を持ち歩かなくて済むことで、高額な買い物をする時や海外旅行する時に便利です。また、ネットショッピングではクレジットカード支払いが一般的で、スムーズな支払いは不可欠な存在です。クレジットカードを利用するとポイントが貯まって、そのポイントを還元できることはお得で便利です。ただし信用で支払いを実施するのでクレジットカードを作る時には厳しい審査を通過する必要があります。

大学生でも利用できる学生用クレジットカードとは?

満18歳以上で大学・短大・専門学校に在学中の学生を対象とした学生専用のクレジットカードがあります。また、基本的に同じもので25歳以下限定など年齢制限を設定したクレジットカードもあります。これらのクレジットカードのことをまとめて学生用クレジットカードと呼んでいますが、サービスを提供する会社で名称が異なります。学生用クレジットカードは年会費が無料だったり、年会費が有料でも在学中は無料か減額して提供されたりと学生向けならではのサービスが受けられます。また、卒業後は一般カードに自動的に切り替えとなるカードも多いです。

学生用クレジットカードの弱点は?

学生用クレジットカードは、各カード会社で将来の顧客を囲い込む目的があるのか、学生ならでの特典が多いですし、卒業後は普通のクレジットカードにステップアップすることも可能です。そんな利点の多い学生用クレジットカードですが、ひとつだけ弱点と考えられることがあります。それはカード利用枠の低さで、これは学生でも利用できる一般カードでも同様です。しかし、返済能力がまだ十分でない学生という点を考えると、利用枠が低く設定されていることは弱点というよりも利点と考えても良いです。

信頼を積み重ねることが可能なカード

大学生時代からクレジットカードを持つことは、社会人になってからの信頼度などに大きく関係してくることです。きちんと返済するなどして正しく利用すると信頼度はアップしますし、逆に延滞などトラブルを発生させると社会人になってからカードを作ることができないと言ったこともあります。このように学生用クレジットカードとは、社会人になってから役立つ信頼を積み重ねることが可能なカードです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です