カテゴリー別アーカイブ: 大学生クレジットカード

驚きの年会費の安さ!?MUFGカードのゴールドカードとは?

驚きの年会費の安さ!?MUFGカードのゴールドカードとは?

○MUFGカード・ゴールド・アメリカン・エキスプレス・カードとは?

『MUFGカード・ゴールド・アメリカン・エキスプレス・カード』は長い名称となっていますが、ニコス、UFJ、DCが合併してできたMUFGカードのゴールドカードとなっています。しかも、年会費はたったの税抜き1905円しかかかりません。搭載となっている国際ブランドはアメックスです。申し込みの基準も割と低いので、若くても地位を築かれていらっしゃる方などでもお持ちになることができるでしょう。MUFGカード・ゴールド・アメリカン・エキスプレス・カードは空港ラウンジの利用については、国内の主要空港ならびにホノルル国際空港が利用できます。

○お得な優待や割引もある!

MUFGカード・ゴールド・アメリカン・エキスプレス・カードでは、アメリカン・エキスプレス・セレクトを利用することが可能です。これは、2010年の時点では世界70の国や地域において旅行や食事、そしてショッピングなどにおいて3000以上もの優待や割引を受けることのできるサービスとなっています。これは、アメックスブランドでは共通のものとなっています。

○1.5倍に増える!記念日がお得になるカード

MUFGカード・ゴールド・アメリカン・エキスプレス・カードのポイントの特筆すべき点は、あなたの記念日にもらえるポイントです。入会した時に選んだ月には、もらえるポイントの額が1.5倍にもなるのです。誕生日も該当しますし、結婚記念日にも1.5倍にすることができるでしょう。その他にもカードを多く利用することになるような年末年始などの時期を設定するとポイントも沢山貯めることができるでしょう。さらに、MUFGカード・ゴールド・アメリカン・エキスプレス・カードを長期間に渡って利用した方は、プレミアムスタープログラムという優待のプログラムの対象となります。1年で50万円以上カードを利用される方はファイブスターメンバーになることができますので、ボーナスポイントが付与されるでしょう。50万円以上使わなかった方でも、6年目にはファイブスターメンバーになることが可能です。

大学生におすすめのクレジットカード「学生用ライフカード」

クレジットカードの学生用ライフカードとは?
大手信販会社のライフが発行するクレジットカードがライフカードで、そのカードの学生専用が学生用ライフカードです。ちなみに、正式名称は学生専用ライフカードと言います。この学生用ライフカードは、その名が示す通り高校生を除く18歳から25歳までの学生だけが利用できる特別なカードで、一般のライフカードよりもお得なサービスが受けられます。その1つが学生のための安心プログラムで、海外旅行傷害保険やカード会員保障制度が付帯しています。また、学生専用問い合わせ窓口を設置して、ライフカードに関する質問などに対応してくれます。2つ目はポイントの溜まり方がお得な上ポイント交換コースも充実している点です。3つ目は月々の携帯電話使用料を学生用ライフカードで決済すると、抽選でAmazonギフト券が当たる可能性がある点です。4つ目は学生用ライフカードをおすすめする最大の理由になる海外ショッピング利用キャッシュバックというサービスです。

海外利用でキャッシュバックについて

最大の魅力となる海外利用でキャッシュバックは、学生用ライフカードを外国で利用した時の利用額に対して、定められた割合の現金が指定口座にキャッシュバックされるというサービスです。ただ、このサービスを利用するためには事前申し込みが必要なので、その点を忘れないようにすることが大事です。海外利用からキャッシュバックまでの流れですが、まずはショッピングなどの支払いで学生用ライフカードを海外で利用します。利用した翌月の請求月に請求金額に基づいてキャッシュバック金額が確定されて、請求月の翌々月に登録口座にキャッシュバック金額が振込まれます。キャッシュバックはお得でうれしいサービスですが、キャッシュバックをあてにし過ぎると大変なことになる可能性もあるので、使用する時は計画的にするよう注意することが大切です。

卒業後の学生用ライフカードはどうなる?

18歳から25歳までの学生だけが利用できる特別なカードなので、卒業後の学生用ライフカードについては気になる点です。基本的に卒業後は一般のライフカードに切り替えになって継続使用が可能ですが、一般のカードに切り替わると学生用ライフカードの特典は全てなくなります。ちなみに学生用ライフカードの卒業の考え方は、入会申込書に記入した卒業予定年の3月末日で、それ以外の卒業予定月の場合は翌年の3月末まで使用できるので少しだけ長く使えることになります。

大学生におすすめクレジットカードランキング

大学生におすすめのクレジットカード
高校を卒業して大学生・専門学生・短大生となれば、今までと違ったライフスタイルになることも多いものです。様々な面でキャンパスライフを充実させて楽しむための大きな助けになってくれるのがクレジットカードで、大学生・専門学生・短大生でも申し込み可能なカードがたくさんあります。申し込み可能なカードの種類としては、大きく分けて一般カードと学生専用カードがあります。基本的にクレジットカードの申込資格は18歳以上で安定収入があることなので学生でも一般カードの申し込みは可能ですが、利用限度額やキャッシング額が通常よりも低く設定されていたり年会費がかかったりするケースが多いです。ただ中には年会費が無料になるといった学生だけのサービスを設けているカードもあります。一方の学生専用カードは、年会費無料や比較的安い年会費というのが多くて、しかもポイント還元率が高いなど魅力的なサービスが付帯されています。また、社会人になっても継続利用が可能なカードや一般カードにステップアップできるカードなどがあります。学生の時から計画的にクレジットカードを利用することは良いことなので、カードの特徴や魅力を比較して自分に適したカードを選択すると良いでしょう。ただ、クレジットカードに対する知識や経験がないために選択が難しいケースもあるので、そのような時は大学生におすすめクレジットカードランキングを参考にすると良いです。

三井住友VISAデビュープラスカードについて
三井住友VISAカードと言えばブランドとして有名で社会人であれば知らない人はほぼいないと言えますし、新社会人の1枚目カードとして人気が高いカードです。そんな三井住友VISAカードを学生のうちから使うのなら、還元率がお得な三井住友VISAデビュープラスカードがおすすめです。三井住友VISAデビュープラスカードは、学生のうちから使用していると住友VISAゴールドカードに26歳で自動的にグレードアップします。つまり、ブランド力があって学生のメインカードとして使いやすく、しかも長く使えるカードなのです。さらに、各種付帯保険によるサポートが万全でセキュリティ対応も優れているので、海外旅行を考える学生でも安心して持ち歩くことができます。

楽天カードについて

楽天グループのクレジットカード会社が発行しているのが楽天カードで、年会費は無料ですしポイント還元率は高いと評判です。また、海外旅行傷害保険・商品未着あんしん制度・ネット不正使用あんしん制度などが付帯しているので、楽天ユーザーなら持っておくべきカードです。特に注目する点は、キャンペーンなどでポイントが非常に貯めやすくて、楽天市場や楽天トラベルで利用できるポイントがどんどん貯まることです。楽天カードを持っていることでデメリットに感じることは見つからないので、大学生になったらまずは作ってみると良いです。

学生用ライフカードについて

学生向けクレジットカードとして信販大手のライフが発行しているのが学生用ライフカードで、年会費はETCカードも含めて無料となっています。また、学生専用カード限定の付帯サービスが充実している点も魅力です。そのひとつが、事前に申請するだけで海外利用分に対してキャッシュバックしてくれる点で、キャッシュバックが受けられることは非常に大きなメリットです。2つ目は海外旅行傷害保険が無料で付帯している点で、さらに紛失・盗難などの損害を保障する制度も付帯しています。3つ目はポイントが比較的貯めやすくて還元率も高いという点で、このような付帯サービスは大学生にとっては大きな魅力になります。

大学生クレジットカードを作るタイミング

大学生になったらクレジットカードを作る?
カード一枚で気軽に買い物ができたり、スムーズに海外旅行先での支払いができたりと、様々なシーンで活躍してくれるのがクレジットカードです。ほとんどの社会人が持っていると言っても過言でない程普及しています。ただ大学生になったら社会人とは多少違うでしょうが、高額な買い物をすることや海外旅行に行くこともあるので、クレジットカードがあると便利と考える大学生も少なくないです。また、クレジット会社側としても将来有望な顧客を少しでも早い段階で囲い込みをしたいと考えているようで、学生を優遇する学生専用カードを発行しています。ちなみに、卒業すると自動的に一般のカードに変更されるシステムをとっている会社も多いです。このようなことから大学生になったらクレジットカードを作る検討をしてみるのも良いことですが、その際に作るのに適したタイミングはいつ頃なのか迷うこともあります。

高額な買い物をする予定があるのなら

大学生になってクレジット会社の条件を満たすことができた時に作れば良いのですが、作るタイミングで得をすることもあるので知っておくことも大切です。クレジット会社では様々な新規入会特典を用意していたり、新規入会者に対するキャンペーンを実施したりしています。特に多いのがポイントに関連するサービスで、通常よりポイントが貯まるので高額な買い物の予定があるのなら、その前にクレジットカードを作って使用すれば現金で支払いするよりもお得です。

国内旅行や海外旅行をする予定があるのなら

旅行傷害保険が付帯しているクレジットカードが多く、年会費無料の学生向けカードにも充実した旅行傷害保険が付帯されているものもあります。国内外に関係なく旅行の予定があるのなら、そのタイミングでクレジットカードを作るのも良いです。特に海外旅行をする場合は旅行傷害保険への加入が不可欠ですし、クレジットカード決済というお店が海外では多いので、それらの点を考えても作っておくと便利です。

就職活動が始まる前に

就職活動がスタートすると面接やイベントに参加するために飛行機や新幹線などによる移動も多くなりますし、急な出費が発生することもあります。そのような時にクレジットカードがあると便利なので、就職活動が始まる前のタイミングで作っておくと良いです。また、今後社会に出るための準備として収入・支出の管理を身につけるべき時期でもあって、経済的自立のためにも作っておくことを検討すると良いです。

大学生クレジットカードとは

そもそもクレジットカードというのは?
自分の信用で支払いを実施できるカードがクレジットカードで、その時点で現金を支払う必要がないシステムです。俗に「つけ」と言われているものと同様の考え方ができる仕組みで、現金で支払う代わりにクレジットカードを提示して、後からまとめてカード会社から請求されるシステムです。クレジットカードが便利な点は、たくさんの現金を持ち歩かなくて済むことで、高額な買い物をする時や海外旅行する時に便利です。また、ネットショッピングではクレジットカード支払いが一般的で、スムーズな支払いは不可欠な存在です。クレジットカードを利用するとポイントが貯まって、そのポイントを還元できることはお得で便利です。ただし信用で支払いを実施するのでクレジットカードを作る時には厳しい審査を通過する必要があります。

大学生でも利用できる学生用クレジットカードとは?

満18歳以上で大学・短大・専門学校に在学中の学生を対象とした学生専用のクレジットカードがあります。また、基本的に同じもので25歳以下限定など年齢制限を設定したクレジットカードもあります。これらのクレジットカードのことをまとめて学生用クレジットカードと呼んでいますが、サービスを提供する会社で名称が異なります。学生用クレジットカードは年会費が無料だったり、年会費が有料でも在学中は無料か減額して提供されたりと学生向けならではのサービスが受けられます。また、卒業後は一般カードに自動的に切り替えとなるカードも多いです。

学生用クレジットカードの弱点は?

学生用クレジットカードは、各カード会社で将来の顧客を囲い込む目的があるのか、学生ならでの特典が多いですし、卒業後は普通のクレジットカードにステップアップすることも可能です。そんな利点の多い学生用クレジットカードですが、ひとつだけ弱点と考えられることがあります。それはカード利用枠の低さで、これは学生でも利用できる一般カードでも同様です。しかし、返済能力がまだ十分でない学生という点を考えると、利用枠が低く設定されていることは弱点というよりも利点と考えても良いです。

信頼を積み重ねることが可能なカード

大学生時代からクレジットカードを持つことは、社会人になってからの信頼度などに大きく関係してくることです。きちんと返済するなどして正しく利用すると信頼度はアップしますし、逆に延滞などトラブルを発生させると社会人になってからカードを作ることができないと言ったこともあります。このように学生用クレジットカードとは、社会人になってから役立つ信頼を積み重ねることが可能なカードです。

大学生のクレジットカード審査

最低条件をクリアする必要がある
多くのクレジットカード会社が高校生を除く18歳以上の方に対してクレジットカードの申し込み・発行を可能としています。また、大学生・短大生・専門学生など学生でも申込み・発行を実施している会社も多く、学生を対象にした専用のクレジットカードを提供しています。カード発行に際しては、どのような場合であっても発行会社で定めている審査を通過する必要があって、審査を通過しないとクレジットカードは発行されません。ただ、審査以前に申し込みできる最低条件を理解して、クリアしていることが前提になることも忘れてはいけないことです。最低条件としては、高校生を除く満18歳以上の方で大学生などの学生も含まれます。ただし、未成年者に関しては親の同意書が必要で、親の承諾なしでは条件をクリアできません。もう一つの条件は電話連絡が可能な人という点で、これは本人確認のためにクレジットカード会社から電話があるためです。

クレジットカードの審査で確認されることは?

クレジットカードの審査に関しては、各会社の規定によって違いがありますが、共通して確認される審査基準というものがあります。それは信用力を判断する3つの観点で、1つ目は返済が可能な定期的な収入があるかどうかの返済能力です。2つ目は定められた返済期日にきちんと返済する意志をもっているかどうかの性格です。3つ目は負債の担保となるものがあるかどうかの資産です。

学生のクレジットカード審査は?

先の審査基準を大学生などの学生がすべてクリアすることは難しいことです。そこで学生のクレジットカード審査においては親の信用がカギになって、親の金融履歴によっては学生用クレジットカードの審査を通過できない可能性もあります。親の信用をチェックする項目としては、金融履歴・勤務先・勤務年数・家族構成・居住年数などで、これらの点で問題がなければ審査に落ちることはないです。ただ親だけの問題ではなくて申し込みする学生本人の信用度もチェックされることも忘れないことです。はじめてクレジットカードを作るので金融履歴はないし、学生なので何で信用度をチェックされるのかと不思議に思うでしょうが、携帯の使用料や機種料金などがあります。これらを遅延や滞納してきた場合には、親に問題がなくても審査が通過できない可能性もあるのです。学生のクレジットカード審査は一般のカード審査より緩いと考えられていますが、審査に落ちてしまう可能性もあることを理解しておくことが大事です。

大学生にクレジットカードは必要なの?

クレジットカードは学生にとって必要か?
現在は、スマートフォンや携帯電話を家に忘れてしまった時には大変不便ですし、人によっては不安になることもあります。このようにスマートフォンや携帯電話は必要不可欠な存在ですが、現金があれば日常生活で不便を感じないためクレジットカードは重要視されていません。しかし、現在ではネット通販やショッピングなどでクレジットカードが使用できる時代ですから、その点を考えると大学生であってもクレジットカードの必要性は高いと言えます。また、利用することによりお得で便利といったケースもあるので、大学生にはクレジットカードは不要と一概には考えられません。

ネット通販を利用する大学生には必要?

ひと昔前なら買物は実店舗でするのが当然でしたが、インターネットの普及に伴いネット通販が人気になっていますし大学生など若い世代の利用が多いです。このネット通販における支払い方法としては、銀行振込や代金引換などがあります。ただ、銀行振込の場合は振込手数料がかかりますし、発送作業の開始が遅れる可能性もあってクレジットカード払いの方が便利でお得なのです。また、ポイント獲得ができて還元できるので、その点を考慮してもお得だと言えます。このようにネット通販の利用が多い方にとってメリットがたくさんあるので、必須とまで言い切れませんがクレジットカードを持っている方が便利でお得です。

海外へ行く機会があるのなら大学生でも必要?

大学生になれば旅行や留学などで海外へ行く機会が発生する可能性は高くなります。クレジットカードがなくても現金があれば問題はないのですが、海外で多額の現金を持ち歩くことは危険ですし、海外ではカードで支払うケースが多いのです。つまり、海外ではクレジットカードは必須なので、大学生でもクレジットカードを用意しておく必要はあります。

継続的なサービスを受けられるので大学生にも必要?

ネット通販の利用でポイントが貯まるのはお得ですが、携帯電話・インターネットのプロバイダ・電気や水道などの公共料金の支払いで利用すると継続的なサービスを受けられるのでさらにお得です。これらの支払いに関しては口座振替や振り込みと言った方法もあるので、必ずしもクレジットカード払いにする必要はありません。ただ、毎月1回必ず支払いが発生するので、クレジットカード払いを利用すれば毎月自動的にポイントが貯まるのです。また、クレジットカード払いに限定されるサービスも少なくないので、大学生であってもクレジットカードは必要ということになります。

大学生におすすめのクレジットカード「楽天カード」

独自特典がある学生向けのクレジットカード
学生向けクレジットカードというのは、その名が示す通り学生向けに作られているクレジットカードです。大学生・短大生・専門学校生・大学院生などの18歳から25歳までを対象にしたカードですが高校生は対象外になります。学生時代に学生向けクレジットカードを作っておくと、一般カードでは受けられない特典が設けられていることが多いです。例えば、ポイントが貯まりやすい・海外利用によるキャッシュバック・年会費無料などで、学生向けクレジットカードだからこそ受けられるメリットを活用することでお得な利用が可能になります。ただ、学生向けクレジットカードも種類が豊富でどれも魅力的な特徴があるので、どのカードを作るか悩むでしょうから内容を調べて検討することが大切になります。

楽天カードは大学生におすすめ?

楽天グループのクレジットカード会社が発行しているのが楽天カードで、高校生を除く18歳以上の方が入会できるので学生でも申込み可能です。さらに、商品未着あんしん制度・ネット不正使用あんしん制度・海外旅行傷害保険などが付帯されているので、安心して利用できるお得なカードです。また楽天カードには学生専用の楽天カードアカデミーというのもあって、18歳から28歳までの学生の方が対象になっています。一般の楽天カードもアカデミーも年会費永年無料という点は同じですが、楽天カードの最大の魅力となる楽天ポイントが貯まることと入会ポイントがたくさん貰える点で違いがあります。実は、入会時に貰えるポイントが一般の方がアカデミーよりも多く設定されているのです。その点を考えると楽天カードアカデミーよりも一般カードを作った方がお得と言えます。

楽天カードの入会ポイントを理解しておくことが大切

楽天カードのメリットはたくさんありますが、特に入会ポイントは大きな魅力です。ただし、きちんと理解していないと全てを受け取ることができなくて損をしてしまう可能性があります。楽天カードの入会ポイントは、楽天カード新規入会特典・キャンペーン入会特典・楽天カード利用特典という3つの特典が合計されたポイント数なのです。新規入会特典ポイントに関しては加入者なら手続きなしで貰えるのですが、他の2つに関しては条件をクリアすることでもらえるポイントなのです。キャンペーン入会特典は楽天カード申し込み前にキャンペーンの登録をして、利用特典は楽天カードを利用することが条件になります。また、この2つは期間限定ポイントとして貰えるので、その点も注意する必要があります。

大学生が最低限覚えておくべきこと

クレジットカードの仕組み
商品やサービスを購入する時に、クレジットカードを提示すると現金の代わりに支払いすることができます。これは、一時的にクレジットカード会社が支払いをしてくれるためで、言い換えるとクレジットカード会社から借金しているのと同じです。その為、利用代金に関しては翌月か翌々月の指定日に自分の銀行口座から引き落とされるので、クレジットカードは現金と同じと考えておくことが大事です。では、なぜクレジットカード会社が一時的にお金を立て替えてくれるのかというと、カード会社が信用してくれているからで、その信用の基になるのがカードを作る際に実施される審査です。その信用を裏切ることがないように、支払い期限を守るなど節度を持ってクレジットカードを利用することが大事です。

クレジットカードは現金と一緒

クレジットカードには利用可能額というのが設定されていて、その範囲内で利用することが可能です。ただ利用可能枠を無計画に全て使用すると肝心な時に利用できませんし、利用額の返済ができなくなってしまう可能性があります。そのようなことが発生しないためにも、カード利用可能額ではなくて自分の1ヶ月間の利用額を決めておくことが大切です。また、レシートや領収書で利用額を確認できるようにしておくことも大事で、できることなら家計簿を付ける習慣を持つと良いです。それから紛失時の対応に関しても頭にいれておくことが大事です。もしカードを紛失・盗難してしまった場合や、インターネットで不正使用された場合には慌てずに、まずはカード会社に連絡して指示を仰ぐことが大切です。多くのクレジットカードには保険が付帯しているので、そのような場合の被害に対して補償される可能性があります。ただし、使用者本人に過失があった場合には補償されないので、その点を理解して注意することを忘れないことです。

カード選択時にチェックすることは?

大学生などの学生が利用できるクレジットカードも数多くの種類があるので、どのカードを利用すると良いのか迷います。初めてクレジットカードを選ぶ際にチェックしたいポイントのひとつは年会費で、学生なので負担を減らすためにも年会費は無料のところを選ぶのが無難です。ただ、その年会費無料には永年無料と条件付き無料の2種類があるので、その点も併せて確認すると良いです。ポイントプログラムも重要な点で、利用金額に応じて付与されるポイントプログラムが充実しているところを選ぶと良いです。その他、利用可能枠の上限・学生向けサポート・補償やセキュリティ機能などもチェックしておきたい点です。

大学生が支払い遅延を起こさないクレジットカード活用法

遅延と判断されるまでのステップ
大学生などの学生でもクレジットカードを利用することが可能で、一般的にクレジットカードの支払いは銀行口座から引き落としされる口座振替です。その為に、うっかり口座残高が不足していると引き落としされる日に残高不足で支払いができないことになります。このようなことで返済が遅れてしまうと焦ってしまうでしょうが、実はこの時点では遅延にはならないのです。遅延と判断されるまでにはクレジット会社の配慮と時間的な猶予があるので、その猶予期間内で支払いすると遅延にはなりません。遅延と判断されるまでのスケジュールは、残高不足で引き落としができなかった支払い当日から約1週間後に支払依頼書が自宅に届きます。その支払依頼書の支払い期限は1週間程度あって、その期限までに支払わないと遅延になる連絡がクレジット会社からあって、連絡から約1週間経つと遅延として信用情報に登録されます。つまり、引き落とし当日から1ヶ月弱の猶予があるのです。しかし、そのことに安心することなく支払いは定められた日に行うことが社会のルールと自覚しておくことが大事です。

遅延するとどうなってしまうのか?

クレジットカードを利用する際に、絶対厳守しなくてはならないのが返済を完璧に実施していくことで、学生だからといって甘い考えは許されません。返済を遅延するとどうなるのかを知って、そのような事態にならないよう注意することが大切です。返済を遅延すると遅延分の支払いが完了するまでクレジットカードの利用が停止される可能性があります。それによりクレジットカードで公共料金などの支払いをしている場合は、電気やガスが止められてしまう可能性もあるのです。また、遅延の回数が重ねられると強制退会や更新停止ということも考えられますし、信用情報機関に記録されるので新規発行への影響があります。それから、複数枚のクレジットカードを所持している場合には、他のカードの更新などにも影響が及ぶ可能性もあります。

延滞を起こさないために

このような支払い遅延を起こさないためには、支払い日を確認する・口座残高を確認する・支払い依頼書の期限までに支払う・支払い期限を超過したらクレジット会社に連絡するなど当たり前のことをきちんと行うことです。また、銀行のメールサービスを利用すると引き落としの予告や残高不足の連絡があるので、遅延を起こすことなくクレジットカードを活用できます。それから無計画な使いすぎで返済できなくなると遅延につながるので、計画的な使い方をすることも遅延を起こさないクレジットカードの活用法になります。